「八つ墓村」を見た

「八つ墓村」を見た。監督は、野村芳太郎、脚本は橋本忍、原作は横溝正史です。金田一耕助シリーズの一本です。主演は萩原健一、小川真由美、金田一には 渥美清が扮してます。

ストーリーは、新聞に尋ね人が掲載され、萩原健一を探しに来たお爺さんが何者かに毒殺されてしまいます。そして、健一は自分の故郷「八つ墓村」に向かうことになります。そして、そこで再び過去の忌まわしい殺人と同じように殺人事件が起こり、一人、また一人殺されて行くと言うお話・・・ この頃は横溝正史ブームで東宝では「犬神家の一族」が大ヒットしてたし、東宝とは違うイメージの金田一像を作ろうとしたのだろうが失敗でしたね。

この映画が傑作になり得なかった部分が金田一のミスキャストでしょう。

演技がまずい訳ではありません。イメージの問題だけです。

まあ、金田一耕助を主役にはしてないし、ストーリーは最高です。

是非、一度は見て下さい。子供の頃にこの映画を見たとき、

「祟りじゃ~、八つ墓村の祟りじゃ~」が有名でした。必見です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>